N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< 給湯器リモコンに音声合成メッセージをつけてみた | main | リアプロ Grand WEGA(KDF-60HD800)の偏光板の交換修理 >>
AquesTalk pico LSI用のアンプモジュール
音声合成LSI「AquesTalk pico LSI」用のオーディオアンプモジュールを試作しました。
スピーカーで鳴らすにはどうしても外付けのアンプが必要ですが、これを使えば、"アンプ内蔵の音声合成LSI"に早がわりです。

音声合成LSIとアンプモジュール

次のようにAquesTalk pico LSIに重ね、端の2つの穴にスピーカーを配線・接続するだけです。

音声合成LSIにアンプモジュールを重ねる



■特長
  • ぴったりサイズ
    28pinのDIPサイズにぴったり収まるコンパクトな実装
  • 配線不要
    AquesTalk pico LSIに重ねて数箇所を半田付けするだけの配線の引き回しが不要
  • 大音量
    最大2.6Wのデジタルアンプによる十分な音量出力



■使い方
高さを1.6mmに抑えているので、万能基板に直に載せて使うだけでなく、Arduino UnoのICソケットにもギリギリ挿せました。
ソケットを使う場合は、IC用のソケットでなく丸ピンソケットを2列で使うとしっかりと挿せます。


アンプ付ATP3011を万能基板に載せる

アンプ付ATP3011をArduino Unoに挿す


ちなみに、アンプモジュールの裏面はフラットの片面だけの実装です。

音声合成LSI用アンプモジュール裏面

■仕様
サイズ 38.1mm x 10.4mm x 1.6mm
出力 最大2.6W(5V 4Ω)
電源電圧 2.4V to 5.5V
待機電流 1uA(typ Vdd=5V)
音量調整  ジャンパーによる2段切り替え
その他 音声出力に連動したアンプの起動/シャットダウン

■回路

ATP3011アンプモジュール回路図
回路図(クリックで拡大)

■製品化について
興味を持たれた方は、是非ともツイート/シェア/コメントなどで何らかのレスポンスをお願いします。
それで、ニーズが多ければ製品化・販売を検討しようと思ってます。
これで、AquesTalk pico LSIがもっともっと売れるといいなぁ・・・
 
| AquesTalk pico LSI | 21:20 | comments(2) | - |
コメント
すごくほしいです。製品化お願いします!
| あっとえむ | 2015/09/05 12:54 PM |
発売されると嬉しいです。
| nobu241 | 2015/09/15 12:02 AM |
コメントする









PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND