N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< 電子レンジに音声合成メッセージをつけてみた | main | AquesTalk pico LSI用のアンプモジュール >>
給湯器リモコンに音声合成メッセージをつけてみた
「家電を改造しオリジナル音声メッセージをつける」プロジェクト第2弾です。前回は電子レンジでしたが、今回のターゲットは給湯器のリモコンです。"しゃべる給湯器"は最近では珍しくないですが、ウチのは古くてしゃべりません。そこで改造です!
今回は、圧電サウンダの駆動信号を取り出しその鳴動パタンを認識して、パタンに応じて異なる音声メッセージを出力することに加え、給湯器の点火状態を示すLEDの駆動信号を取り出して、燃焼を告げるメッセージも出力します。



■改造
予めブザー音を録音して鳴動パタンを調査したところ、今回用いた機種では以下のパタンとなりました。

Beepパタン

ブザー音を出力する圧電サウンダの回路とLEDを駆動する回路はおよそ以下のようになっています。
今回もそれぞれ5V系で動作しているICの出力から信号を取り出しています。

BEEP回路図

今回も、音声合成部は、試作で作った小型音声合成モジュールにビープパタンを認識するファームを追加することで実現しています。

VoiceModule

これを、基板の空きスペースにスピーカーと共に実装しました。

基板実装1
基板実装2


■電源について
この給湯リモコンは親機からの15Vを78LR05というレギュレーターで5Vを作っています。
このデバイスは5V系の電流が設計以上流れて電源電圧が下がるとマイコンにリセット信号が送られる機能があります。 給湯器ならではのフェイルセーフの設計だと思います。
そのためココは音声合成モジュールの電源容量が足りないので、写真には写っていませんが、3端子レギュレーターを別途使って15V系から音声合成モジュールの電源を作ってます。

■あとがき
給湯器の電源って、ついつい入れっぱなしにしちゃいますよね。
で、ちょっと手を洗うときなど、お湯が出始めないうちに終わってしまう使い方って多いじゃないですか。
そんなちょっとした時間でも給湯器は燃焼するので、まずエコでないし、給湯器の寿命をどんどん縮めてると思うんです。
てなわけで、音声メッセージをつけたら、酷使されてる給湯器の気持ち少しは意識できるかな?ってのが、今回の改造のきっかけでありました。

次なるターゲットは、"ビルトインガスコンロ"。頻繁にピーピーなってるのを何とかしようかと。
でも、ちょっと見た限りでは分解するのが大変そうで、断念の予感も・・・。

なお、市販製品の改造はリスクを伴いますのですべて自己責任です。念のため・・・

■リンク
| 電子工作 | 10:26 | - | - |
PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Arduino Uno
Arduino Uno (JUGEMレビュー »)

AquesTalk pico LSIの評価ボードとして最適
RECOMMEND
Raspberry Pi Model B+ (Plus)
Raspberry Pi Model B+ (Plus) (JUGEMレビュー »)

これと AquesTalk pi で簡単にテキスト音声合成!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND