N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< 歌唱音声合成 Plug-In 「AquesTone2」を公開しました | main | 言語処理ライブラリ「AqKanji2Koe」が新しくなりました >>
AquesTone2 MIDI打ち込みの基本(初級)

AquesTone2用のMIDIデータを打ち込む手順です。

1.歌詞ファイルの作成

歌詞に従って、テキストエディタ等で歌詞ファイルを作成します。半角英小文字で基本的にはローマ字で表記します。
音節と音との関係の詳細は、AquesTone2の[Syll List]ボタンを押すと、歌詞表示部にが使用可能な音節の一覧が表示されますので、これを聞いて選んでください。なお、長音「−」や促音「っ」に対応するものはありません。長音は母音の連続で、促音は休符で対応します。
フレーズ単位で改行しておくと良いです。

2.MIDIノートの配置
まずはノートを譜面どおりに拍ぴったりで配置します。このとき、ベロシティは100、ノート長さは音符の長さと同じにします。

3.フォーカス行移動のコントロール追加
歌詞ファイルをフレーズ単位に改行しました。そこで、歌詞ファイルの行と音符が対応するように、MIDI コントロールメッセージを付与します。
各フレーズの先頭ノートの直前にMIDIコントロールメッセージ#CC49を配置します。値は行番号を指定します。なお、行番号は0から始まります。これで、再生中に自動的にAquesTone2のフォーカス行が移動するようになります。

4.ノートの長さの調整
ノートを全部を選択して、一括してノートの長さを短くします。およそ1/32音符から1/64音符程度短くすると良さそう。この作業で、Releaseで音が減衰する途中で次の音が始まるようになり、接続が滑らかになります。

5.トラックディレイの設定
AquesTone2はNoteOnメッセージから発声を開始しますので、どうしてもノリが遅れ気味になります。そこで、DAWのトラックディレイで全体のタイミングを10msec程度前にします(-10msecをセット)これで、AquesTone2の発声が全体に前にずれます。実際は他のトラックと合うようにお好みで調整してください。

6.Speed調整
全体を再生しながら、AquesTone2のSpeedノブを動かして、全体的に発音が明瞭になるように調整します。基本的にはテンポの速い曲では値を大きく、遅い曲では値が小さく設定します。

7.「サ行」の遅れの調整
サ行等の音はどうしても子音の長さが長いため、どうしてもノリが遅れ気味になります。
そのため、サ、シ、ス、セ、ソのノートをそれぞれ1/16音符(180BPMにおいて)程度前にずらします(ノートOFFの位置は変えない)。また、これに伴い、ひとつ前のノートの長さも短くする必要があります(ノートOFFの位置を前にずらす)。

8.「カ/タ/パ行」の調整
「カ/タ/パ行」のような無声破裂音の場合、前の音と分離されてないと「ガ/ダ/バ」行に聞こえることがあります。そのような場合、これらの一つ前の音符の長さを短くして、「カ/タ/パ行」の音の前に無音区間が得られるようにすると良いです。


9.ベロシティ調整
個々のベロシティを、前後のバランスや表現を考慮して調整します。

とりあえず、以上です。
さらに気になる部分があれば、そのノートの開始位置や長さを個々に調整してくださいね。

| AquesTone | 19:00 | - | - |
PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND