N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< 音声テスターを作ってみた(その1 ハード編) | main | 音声テスターを作ってみた(その2 ソフト編) >>
テスターMAS-345の通信仕様
音声テスター作成のために、秋月電子で入手したデジタルマルチメータ(テスター)「MAS-345」のRS232C通信部分を調査。



テスター写真

ハード



テスターの基板に書いてあったRS232C端子端子の名称です。




RS232C近辺の回路です。
端子はフォトカプラで絶縁されています。
RS232Cといっても出力電圧はホストのDTRとRTSの電位差から取っているようです。


インターフェース

data format: 7n2 at 600 baud (7 bits, no parity, 2 stop bits).
Control lines:
   DTR and RTS lines are used to power the TX line: RTS is clear
   for -12 supply; DTR is set for +12 supply. Data transmission is
   solicited sending whatever character to the RX line.
Data string format:
   MAS-345 sends a 14 bytes string with:
         <mode>< ><sign><value>< ><units><return>

     BYTE 1-2     : MEASURING MODE (ex;DC,AC,OH,CA,TE...)
     BYTE 3        : one space
     BYTE 4        : SIGN(-) or space
     BYTE 5-9    : Decimal point and value
              Current measurement value(ex;10.00, OL.,3.999)
     BYTE 10-13 : Unit (ex; mV,A,kOhm,nF...)
     BYTE 14      : Carriage Return '¥r'

   <mode>:  two bytes with the oerating mode: DC, AC, OH, CA, TE ...
   <sign>:  one byte with - or space
   <value>: five bytes with four digits and one decimal dot.(ex;10.00,  OL ,3.999)
   <units>: four bytes with the units: V,mV, A, kOhm, nF ...
   <return>: '¥r'
   One space is inserted between <mode> and <sign>, one between   <value> and <units>.
上は、ネットでみつけた情報です。テスター付属のCDにも情報があったけど、若干内容が違うようです。
600bpsの7bitノンパリティ、2ストップビットのUART通信となります。ホスト側から任意の内容の1バイトを送信すると、CRをデリミタとした1行(14byte固定)のASCIIテキストで、モードや測定値などを返す仕様になっています。


0123456789012
OH   O.L MOhm
OH  000.4 Ohm
OH  098.6kOhm
OH  0.032kOhm
OH  09.43kOhm
DC  3.306   V
DC  0.001   V
DC  05.05   V
DI  1624   mV
DI    OL   mV
TE -  OL    C
TE  0022    C
CA   .OL   nF
CA  137.4  nF
CA   .OL   nF
CA   OL.   nF
CA  000.8  nF
DC  015.5  mA
DC  000.0  mA
DC  0.051  mA
DC  0.974  mA
DC  001.0  mA
DC -00.00   A

これは、実際にテスターから返ってきた情報の例です。

あくまでも手元のテスターの1つでの調査なので、個体差があるかもしれません。
| その他 | 12:35 | - | - |
PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Arduino Uno
Arduino Uno (JUGEMレビュー »)

AquesTalk pico LSIの評価ボードとして最適
RECOMMEND
Raspberry Pi Model B+ (Plus)
Raspberry Pi Model B+ (Plus) (JUGEMレビュー »)

これと AquesTalk pi で簡単にテキスト音声合成!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND