N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< [Arduino] AquesTalk pico LSI を SPI で制御する | main | 音声テスターを作ってみた(その1 ハード編) >>
[AquesTalk pico LSI] ATP3011F4とATP3010F4の違い


ATP3011F4-PUは、音声合成LSI AquesTalk picoの新バージョンです。
ATP3010F4からの主な変更点は次のとおりです。

  • 電源電圧
    2.5Vから動作するようになりました。(ATP3010F4は3.8Vから)

  • クロック
    外付発振子から内蔵クロックにし、外付け部品をなくしました。

  • スリープ機能
    SLEEP端子をLOWにすることで待機時消費電流を1μA程度まで下げることができます。

なお、内蔵クロックの精度が良くないため、UARTのボーレートは自動調整となりました。
ボーレート設定には、通信に先立ち、ホストから'?'を送信する必要があります。ATP3010F4から置換の場合は、ご注意ください。
| AquesTalk pico LSI | 19:04 | - | - |
PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND