N.Yamazaki's blog

主に音声合成について思ったことを書いてみようと思います。
<< AquesTalk2 V2.3 リリース状況 | main | 簡単!ATmega328Pにブートローダを書きこむ >>
AquesTalk2 エラー:1002
 AquesTalk2ライブラリ関数を呼び出したときに、何らかのエラーがあると、エラーコードが返されます。エラーコードの説明は、ライブラリ付属のドキュメント(aqtk2_XXX_man.pdf) の最後に示してあります。
ここで、エラーコード 1000から1008は「Phontデータが正しくない」となっていますが、若干補足をします。

エラーコード1002で戻る場合、大抵の場合はAquesTalk2ライブラリのバージョンが古いのが原因です。

ファイル名が「ar_」で始まるPhont(声種データ)は、「aq_」で始まるPhontと内部フォーマットが異なっており、前者は新しいピッチパタンモデル用、後者は以前のモデル用のデータが入っています。
そして、AquesTalk2 V2.3より前のライブラリはこの新しいピッチパタンモデルが入っていませんので、このPhontフォーマットを認識できず、エラー1002を返すのです。

このときの対策としては、AquesTalk2 V2.3以降のライブラリに差し替える。または、「ar_」で始まるPhontを使用しない。のどちらかとなります。

ちなみに、ライブラリのバージョンを確認するには、ライブラリ付属のライセンスドキュメントを参照します(windowsではライブラリファイルのプロパティで確認できる場合もあります)。
| AquesTalk | 16:21 | - | - |
PROFILE
Follow
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
SEARCH THIS SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY MDR-CD900ST
SONY MDR-CD900ST (JUGEMレビュー »)

普段これで開発しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND